トップページ > 各支部情報 > 京都本部 > 新着詳細

新着情報

平成29年度同志社大学商学部樹徳会定時総会

100周年に向け第1歩

樹徳会平成29年度定時総会開く


同志社大学商学部樹徳会(南美樹理事長)の平成29年度定時総会が9月24日(日)、京都市中京区の京都ホテルオークラで開かれました。樹徳会は商学部出身のОB・ОGらで組織する同窓会歴史も古く昨年秋に創設90周年記念迎えています

新た100周年に向け1歩なる今年度の総会には八田英二総長・理事長、北川雅章副学長、植田宏文商学部長、名誉教授ら学校関係者、校友会などの諸団体、それに全国の樹徳会員、現役の学生ら合わせて200人が出席

総会は事業、決算など6議案を審議、賛成多数で承認され続く講演商学部出身で弁護士の鎌田健司氏(弁護士法人プロフェクト法律事務所、97年卒)が商学部から社会人を経て弁護士へ』と題して自身の体験を披露しました

懇親会は、坂光司常任顧問(前理事長)乾杯で始まりました。出席者はさっそくテーブルの料理を味わいつつ旧友や先生方と近況を語り合うなど、総会ならではの楽しさ満喫壇上では各支部の近況報告、豪華景品が当たる福引き大会などもあり、宴の雰囲気も最高お開き大学歌、高商の歌をレコードで聞き全員でカレッジ&チア高らかに歌い上げ散会しました。