トップページ > 各支部情報 > 京都本部 > 新着詳細

京都本部

元関脇土佐ノ海の断髪式

同志社大学商学部出身の大相撲力士・元関脇土佐ノ海(39)の引退、年寄「立川」襲名披露大相撲が

2月4日東京・両国国技館で盛大に開催されました。

断髪式では約360人が大銀杏(いちょう)にはさみを入れました。

「留めばさみ」は師匠の先代伊勢ノ海親方(昨秋、相撲協会を定年退職、森田武雄氏)が大銀杏を切り落としました。

立川親方は現役時代、幕内通算569勝615敗16休で、

金星11個は歴代4位。「今後は後進の指導に当たる」と話していました。

同志社大学からは大谷實総長をはじめ教職員、スポーツ関係者、OBらが多数参加しました。